HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅の構造

無添加住宅の構造

当社では耐震等級3【最高ランク】相等の構造壁を基準として設計を行っております。

基礎

ケイディアイホームの建物はベタ基礎を標準としています。

基礎1 土台のコンクリートの上にベタ基礎の底面をまず作ります。
それが固まったら基礎の立ち上がり部分の枠を組みコンクリートを流しこみます。

基礎2 コンクリートが固まり基礎の完成です。完成した基礎に土台の柱を敷き詰めます。
このときに基礎と土台柱の間には、無添加オリジナル「石パッキン」が挟み込まれます。

phpto 無添加住宅オリジナル 石パッキン
当社では床下換気に石パッキンを使用しています。一般的には、基礎パッキンといって硬質ゴム・樹脂の素材でつくられているものですが、大切な土台の長期利用には耐久性に限界があります。無添加住宅は永い間お客様に住み続けていただきたいために、経年変化の少ない自然石(御影石)を使っています。

構造

進化した“木造在来工法”

弊社では木造在来工法を標準としています。2×4に比べ耐震性が劣ると思われがちですが、金具や、筋交いで補強した「耐力壁」と呼ばれる壁を使用することによって、強風や地震による荷重に対して、十分な強度を作り上げることができます。

また、在来工法には、他の工法と違い、以下のような利点があります。

①  高温多湿の日本の風土に合った材料でできるため長持ちする。
②  柱梁構造のため設計の自由度が高く、複雑な形状の土地にも対応可能で、
窓などの開口部がツーバイーフォーより広く取ることができる。
③  プレカットと金物により品質の均一化が可能になった。

以上のことから、お客様の間取りとファザード、耐久性、そしてコストを考えて、当社では在来工法にこだわっています。

建築中当社施工例 クレーンで柱を吊り上げ、取り組上げていきます。軸組工法の特徴である壁(なる部分)の中に斜めにかかっている部分が筋交い(すじかい)です。筋交で耐震強度を高めています。

構造計算について

建物の構造は、形によって構造材を選ばなくてはなりません。お客様が安心してお住まいいただくためには、絶対不可欠なものです。三階建ての場合は構造計算。二階建ての場合は壁量計算を行わなくてはなりません。これは法律上当然のことですが、お客様はやっているのかどうなのか不安をお持ちではないでしょうか。当社では、お引渡しの時に計算結果を提示、書面にてお渡ししています。お客様に全てをオープンにしてご安心していただけるよう心がけています。

構造計算/壁量計算
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト