HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅の天然素材>炭化コルク

無添加住宅の天然素材

炭化コルク

ポルトガルの太陽と雨がくれた素敵な贈り物…コルク

現在の日本の住宅に使用されている断熱材は、ロックウール・グラスウール・ウレタンフォーム・発泡スチロールなどが一般的です。この内ロックウールとグラスウールは字のごとく、石の綿とガラスの綿という意味で、ガラスや石材を高温で溶かし、細い針の集合体のようなものにして使われています。材料は天然素材なのですが、この細い針が飛散すると健康に良くないことは周知の事実です。ウレタンフォーム・発泡スチロールは、御承知の通り燃やすと有害物質を放出します。

そこで、無添加住宅では、断熱材に天然素材の炭化コルクを選びました。その炭化コルクはポルトガルで生産されています。
ワインのコルクを作成した残りを半分炭にしたものです。炭化する時に材木の樹脂が出てきて大きな固まりとなり、それをスライスしたものが炭化コルクなのです。いわば炭ですから、空気の浄化・調湿などプラス効果も絶大です。昔、ヨーロッパの潜水艦の断熱材にも使われていたそうです。
木を伐採せず、ポルトガルの太陽と雨が育ててくれるコルク。生産は太陽と雨、このようなエコロジーな材料の話がいっぱいつまっているのが無添加住宅です。

ちょっとコルクの話

コルク樫はポルトガル、スペイン、南フランス、北アフリカの地中海沿岸地域に群生しています。木の寿命は150~200年ですが、これを伐採せず、羊の毛を刈るように丹念に樹皮だけを剥ぎ取ります。コルク樫は再生力が強く9年の歳月を経てまた樹皮を再生します。
自然が育んだ大切な天然素材コルク。いつまでもその資源を大切に、緑豊かであることを願い利用されています。

また、このエコロジー素材コルクは多くの優れた特質を持っています。素材内部に非常に多くの気泡を持ったコルクは、断熱性・調湿性・遮音性に優れ、軽量でもあり、スペリンという成分を多く含むためダニやカビの繁殖を抑える防虫効果も持っています。
そして意外に思われる方も多いかもしれませんが、防水性はもちろんのこと、高い防火性をも兼ね備えています。現在ではスペースシャトルの内部にも使われているそうです。

Cxg ⍇
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト