HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅のよくある質問>フローリングについて

無添加住宅のよくある質問

フローリングについて

カーペットはしかないのですか?
しきません。どうしてもカーペットの毛にゴミがからみつき不衛生ですし、カーペットを貼り付けるボンドも問題だからです。
フローリングはどんな種類があるのですか?
むく材のインドネシア松と樺材(バーチ)のいづれかを選んでいただきます。オプションでなら(オーク)もございます。
フローリングはむく材でしたら、そったりするんじゃないんですか?
そります。床鳴りもします。しかし、天然のむく材だけがもつ自然の風合いの良さはこれに勝ると思われます。なによりもボンドまみれになっている合板のフローリングを敷き詰めるよりは、なにも混じっていない(無添加)のフローリング、伸びたり縮んだりする生きた木のほうが、長く住まわれる事を考えた場合良いのではないでしょうか。
無垢材のフローリングに床暖房は使用できますか?
無垢材のフローリングは乾燥収縮を起こすため、基本的に床暖房による熱にはあまりよくありません。特に熱を直接伝達する方式の床暖房は木材の縮みが激しいので、遠赤外線式のような水分子を振動させる方式の床暖房をご推奨いたします、こちらのほうが縮みが少ないのです。
床の目地はどれくらい開きますか?
季節により1mm~3mmくらい開く可能性があります、天然素材の為と居住者様の使用の仕方で違いがあります。
無垢材のフローリングのメンテナンスはどの程度必要ですか?
フローリングは無添加ワックスをかけていますが、浸透性のものを使用しているので、住まい始めてすぐに表面が磨耗します。剥がれていくことはありませんが、撥水性や汚れ防止を永久に保つためには、ご使用される方のメンテナンスが必要になります。定期的に無添加ワックスを上塗りする必要がありますが、半年~1年に一度行っていただけると良いと思います。 このある程度メンテをしないといけない、また伸びたり縮んだりするというのが、従来のハウスメーカーやマンションなどに施工されている材料と決定的に違うところです。しかしこの点こそが、年月が経ったときに差が出てくる大きな点であると自負しております。従来のプリント合板や樹脂で固めたれた材料は、新築時から年月が経つにしたがって紫外線などによりどんどんと劣化していきます。「風合いがでる」ということなく、劣化していくのです。これに対し、ムク材の良さはどんどんと風合いが出てきます。 同じ年数を経ても雰囲気が出てくるお家と、ぼろぼろになっていくお家とを考えたとき、我々は次世代に自慢できるような雰囲気の出るお家にしたいと思っています。 マメに床拭きが出来るご家庭でしたら水ぶきだけでも問題はありません、そのかわり水ぶきだけの場合、当然汚れやすいので注意が必要です。古いお寺などを連想していただくとご理解いただけると思うのですが、縁台などは黒くテカテカになっていたりすると思います。小坊主さん達が毎日、雑巾がけをしているからです。最終的に使用し続けて磨いていくと表面もつるつるのぴかぴかに変化していきます。
床に重いものを落とし跡が残りましたが、補修はどのようにすれば良いですか?
無垢のフローリングの特徴として元の形に戻ろうとする形状記憶機能があります。引っかき傷のようなもので繊維質が傷ついたものは別ですが、重いものを落としたときにできる傷跡などは水を含ませることによって徐々に木材がはじめのように戻ろうとします。
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト