HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅の天然素材>漆喰

無添加住宅の天然素材

漆喰塗り

世界共通のエコ素材…漆喰 雨の日もさらっと!!

もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土やしっくい(漆喰)で塗られていました。
しっくいは、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。化学式で表せば、水酸化カルシウムCa(OH)2が空気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して、CaCO3の石灰岩という固いものになるのですから。
しっくいは耐火性・耐久性も高く、古くから城や土蔵にも使われてきました。

このように合理的なのに、しっくいを代表とする湿式工法は、調合や現場での水練りなど手間と時間がかかるために敬遠される傾向にありました。
しかし、無添加住宅ではあらかじめ材料を調合したり、しっくいを塗った後に割れにくくするなど独自の工法を開発。無添加住宅では外壁・内壁・天井と、ほぼ家の全体にわたってしっくいを使用しています。
外壁はあくまでも強く、内壁と天井は吸湿・放湿性に優れた特性で家の中の空気を浄化してくれます。しかもきめ細かい独特の質感。ビニールクロスでは得られない健康にあふれた住まいを、自然の生きた素材によって実現させています。

無添加住宅のオリジナルしっくいは、人工化学物質などの添加物を一切加えず作った完全無添加なしっくいです。
※市販されているしっくいの中には表示義務のない人工化学物質が入っている物があります。

ご存知ですか、漆喰のメリット。

無添加住宅オリジナル漆喰なら、どんなデザインの住まいにもマッチする仕上がりと、サイディングやクロスでは表現できない風合いと、健康的な空間が生まれます。新築だけでなく、リフォームにも最適な漆喰です。

1.調湿性能

結露を防ぐ。

多孔質の素材のため、優れた吸湿、放湿性能を持っています。空間の湿度を適度に調節することで結露を防止し、建物の耐久性を維持します。また、湿度の高い夏は湿気を吸い込み、乾燥した冬には湿度を放出し居心地の良い室内環境をつくります。

2.耐火性能

火に強い!

建築基準法第2条9号基準に適合しています。ほとんど無機の不燃焼性の素材で構成された防火素材です。

3.抗菌性能

カビ・ダニに強い

漆喰は強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌機能があります。主成分の消石灰の作用により、細菌の生育・増殖を抑え、カビ・ダニの発生を防止します。建材販売業の株式会社無添加住宅が開発・製造・販売している「無添加住宅オリジナルしっくい」に、昨今、大流行が懸念 される高病原性鳥インフルエンザの感染力を低減させる作用があることがNPO法人バイオメディカルサイエンス研究会 習志野実験室にて確認できました。
>>詳しくはこちら

4.安全性能

高い安全性

漆喰はクロスや合板と違い、化学接着剤を必要とせず、それ自身が空気中の二酸化炭素と化学反応を起こして固まりますので、シックハウス症候群の原因の一つであるホルムアルデヒド等を放出することはありません。また固まった漆喰の成分は炭酸カルシウムなので人にとってもっとも親和性のある食べられるくらい安全な物質といえます。(固まる前の漆喰は強アルカリ性なので食べれません)

5.防汚性能

汚れが付きにくい!

漆喰の成分の炭酸カルシウムは静電気を溜めない安定した物質といわれます。そのため、ほこり等が付きにくいので、汚れにくく、その白さを保つことができます。

6.意匠性能

感じがいい白い輝きと質感!

他の素材では表現できない漆喰壁の白い輝きは、漆喰が空気中の二酸化炭素と化学反応を起こし、元の石灰岩と同じ成分の炭酸カルシウムの結晶となり少しずつ硬化していきます。その白い結晶が漆喰独自の白い輝きを放つのです。経年変化してもいつまでも秋の来ない外観やインテリアを演出します。

7.メンテナンス性能

お手入れが簡単。

ちょっとした汚れは消しゴムで消すか、カッターナイフで削って消します。また全体に汚れた場合は薄めた漆喰をローラーなどで塗ってきれいにします。これらはお客様ご自身で手入れすることが可能です。

ちょっと漆喰の話

漆喰は土蔵や城郭などの建築物に古くから用いられたことからもわかるように、非常に耐火性、耐久性に優れた素材です。表面にヒビが入ったりしても補修も簡単なんです。
また、湿気の高低差の激しい日本には、まさにうってつけの建材でしょう。強アルカリ性であることから、カビの発生を抑制する能力もとても高いのです。また、デザイン面においては色土を混ぜることによって様々な彩色ができること、固形物ではないので多種多様な造形ができるなど、非常に魅力的な装飾材でもあります。

古くは約5000年前のエジプトのピラミッドの壁として。また、古代ギリシャやローマ時代の建築物にも使われていたことはアクロポリスの神殿やポンペイの遺跡からも出てきています。これらの文明では主に装飾用として絵の具を混ぜて使われていたようです。
この流れは後にルネッサンス時代のフレスコ画として確立されたのです。一方、アジアでは中国の万里の長城に使用されるレンガのつなぎ材として使われもしました。
そして、我が日本では戦国時代に城郭の建築に使われるようになり、その後土蔵や神社仏閣などに使われるようになったのです。

石灰岩や貝殻を釜で焼くと生石灰(きせっかい)になります。成分は炭酸カルシウムです。次に生石灰に水を加えますと発熱膨張して消石灰になります。成分は水酸化カルシウムに変わります。この消石灰に糊を加えたものが漆喰です。
漆喰に水を加えて壁に塗り付けると、乾燥後に空気中の二酸化炭素と反応して、もとの石灰岩と同じ成分の炭酸カルシウムにもどります。

Cxg ⍇
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト