HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅って何?>無添加住宅の特性

無添加住宅って何?

無添加住宅の特性

天然の自然素材を使っているから起こる隙間や床鳴りを、
欠陥と捉えずに、むしろ素材の特性と私たちは考えています。

天然のムク材を使っているから起こる、床の暴れによる漆喰と木材との間にできる隙間や床鳴りを問題とせず、逆に天然素材を使っているからこそ起こる現象を健康的で安心した住まいと考えます。

無添加住宅で使用する天然素材は、工業化建材とは比べものにならないほどの個性があります。健康に暮らすために選んだ自然の素材は生きて呼吸し、それゆえ私達の健康を守ってくれるのです。
また、年月と 共に工業化建材は劣化しますが、天然素材は風合いのある美しさを増し、次の世代でも愛着を持って接していただけます。これら天然素材の特性をご理解いただいたうえで無添加住宅をお考えいただければ幸いです。

無添加住宅の特性

1.無垢材のフローリングは湿気や乾燥により伸縮しますので、床鳴りする場合があります。湿度の低い季節には多少の隙間が空くことがあります。特に床暖房を設置する場合は注意が必要です。また、天然の木材ですので、色・ガラの違いや多少の色ムラもあります。

2.無添加住宅の集成材は米のりで接着していますので、適度の加湿等によってごくまれに割れが生じる場合があります。その場合は米のり(ご飯を練ったもの)とおがくずを混ぜて、隙間を埋め割れを補修します。

3.漆喰と木材の間には必ずといっていいほどの隙間ができます。これは無垢の木材が縮んだ事によるもので決して欠陥ではありません。壁全体が剥がれ落ちたりする事もありません。
漆喰は湿気を吸湿しますが、保水能力を超えた場合は結露を起こします。室内での加湿器の多用はお控えください。特に引渡し時期によっては、漆喰の中の水分が完全に放出していない場合がありますので、十分な換気を行って下さい。

4.無添加住宅で使用する石は自然石ですのでロットによっては、色ムラや形にばらつきがあります。補修用にその時に使用した材料を一部確保することをおすすめします。

5.無添加住宅で使用する材料は防虫処理をしておりませんので、まれに下記のような虫が発生します。
  【キクイムシ・シバンムシ】
   これらは木に発生する虫です。この様な虫は塩水を注入して殺虫します。
  【チャタテムシ】
   薬材に弱い虫です。人に害を及ぼすことはありません。こまめに掃除をする事で減ります。
   漆喰が乾燥していない時などに発生します。大量に発生した時はアルコールなどでその場所を清掃します。
  【シ     ミ】
   これも薬などに非常に弱い虫です。ほこりなどを食べる益虫とされています。
   これもこまめな掃除や古いダンボールなどを片付けると発生しなくなります。

Cxg ⍇
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト